全てお前が悪い

サラリーマンの地位から絶対に降りたくなかったので、

 

在職中は絶対服従が基本だった。

 

私が毎日口を開いていう言葉は

 

 

 

「申し訳ありません」

 

 

 

理不尽な事に耐える対価が、サラリーマンという地位だと思っていたので

 

ひたすら頭を下げ続けた。

 

上司は口癖のように

 

 

 

「お前の代わりなんかナンボでもいるんだからな!」

 

 

 

と、罵った。

 

私が仕事で失敗するかしないかは問題ではなく、単に本人の

 

機嫌だけで決まる感じであった。

 

そんな毎日が続いていたある日、事件が起こった。

 

仕事で使う荷物を某ヤマト運輸にお願いしていたのだが、それがとんでも

 

ない所に届いてしまった。

 

関西に届く荷物が、九州に行ってしまったようだ。

 

指定日に届かなければ仕事が全部パーになるかもしれない緊急事態。

 

金銭的な損失だけでは済まされない。

 

職場は、蜂の巣を突いた様な大騒ぎとなった。

 

私が在職していた中で、最大のピンチだったと思う。

 

ただ、すぐに対策を講じて、荷物はギリギリで間に合う事となった。

 

一同一安心しているところで、上司が私を呼んだ。

 

 

 

上司 「荷造りしたのはお前か?」

 

私  「はい。先輩と一緒に荷造りしました。」

 

 

 

上司「お前がちゃんと荷造りしないからヤマトが誤配するんだろ!

 

   全部お前のせいだ!!!!!!」

 

 

 

私「・・・・・・・。申し訳ありませんでした。」

 

 

 

 

上司「大体気がたるんでるからこうなるんだよ!

 

   ちゃんとやれよ!仕事コケたらどうすんだよ!!」

 

 

 

私「・・・・・・・。申し訳ありませんでした。」

 

   

上司に怒鳴られた瞬間、さすがにこめかみの辺りが「ピキピキ」と

 

鳴った気がした。

 

北斗の拳で言う

 

 

 

ケンシロウが怒った瞬間の音

 

 

 

みたいな。ジャギにとどめを刺す瞬間みたいな。

 

 

「さすがにそれはねえだろ。俺が配達したわけじゃねえんだからさ」

 

 

と、本当に口から出る寸前だったが、耐えた。

 

なぜなら、

 

 

 

 

どうしてもサラリーマンという地位から落ちたくなかった

 

 

 

 

から。私が耐えていたのはこの一点のためだけであった。

 

ただ、今回分かった事が一つだけあった。

 

多分、上司は私を辞めさせたいのだろう、と。

 

過去に何十人も入れ替わった新人のうちのたった一人をクビにした

 

ところで、何も困りはしないのだろう、と。

 

そこから急にモチベーションが落ちていった。

 


コメント
よくネットでみますけど実際いるんですねこういう人…
殴ったら負けですし何か合法的にやれる仕返しってあるんですかね。
  • maa
  • 2017/04/12 7:27 PM
maaさん

真面目な話をすると、仕返しを考えるよりも自分がレベルアップして次のステージに行く事だと思います。
人に仕返ししても大して得るものは無く、結構空しいです。だとしたら、不条理な事をした本人が恥をかいてしまうぐらい、自分がレベルアップをするのが一番だと思います。
  • ヤリ手ジジイ
  • 2017/04/12 9:30 PM
超真面目な話だったのでちょっとドキドキしてしまいました。
レベルアップがんばります。
そろそろいい感じになってきましたね。
もう二段くらい下げてくれるといいんですけど。
  • maa
  • 2017/04/13 5:28 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM