アルファクス・フード・システムの本決算を迎えた男の物語。

※この物語はややフィクションです。

 

 

 

時はさかのぼって、11月10日。

 

本決算の予定が日経でもトレーダーズウェブでも記載され、株主としての準備は

 

万端。ポジションを確認し、ある程度の決算の上下は想定内だったので、

 

決算の数字に合わせた売却計画を練っていた。

 

どれぐらい準備が万端だったかというと、初エッチの期待感高まるどぅーてーが、

 

高級ティッシュとサガミオリジナルを5個準備してたぐらい完璧だった。

 

なお、5個用意したのはドッキング失敗した時のために多めに

 

用意したイメージ。うふふ。

 

 

さて、当日。

 

15時を過ぎても待てども暮らせども適時開示は更新されない。

 

5分おきにF5連打で指紋は薄れ、PCのキーボードはF5の部分だけ

 

欠けてしまった。

 

そして、まともな決算とクソ決算の境目である18時に近づく。

 

更に恐怖を煽るかのように17時45分ぐらいから、クソ株のクソ決算が

 

リリースされる。この時点で口から白い泡が出始めた。

 

 

「俺は消化栓か?」

 

 

なんて思いながらティッシュ(高級)で泡を吹く。

 

18時30分過ぎるとさすがに「なんかおかしいな?」と思い始めるが、白い泡は出る。

 

そこで有力筋から決算変更の情報を得る。

 

 

 

 

ずこ〜〜〜〜 \(^o^)/

 

 

 

「返して!俺の白い泡返して!」

 

そうわめき散らしながらも、本音は安心していた。

 

なぜなら、クソ決算からは解放された気がしたから。

 

その日は決算の心労のためドッと疲れが出てしまい、深い眠りに落ちた。

 

 

 

 

 

 

 

 

おねしょした

 

 

 

 

 

 

つづく

 

 

 

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM