本当は秘密にしたかった、富士山マガジンサービスの良いところ

こんにちは!ミスターポジショントークです。

 

 

 

北朝鮮のミサイルが飛んでこないなら、

俺のミサイルを歌舞伎町に落としてやんよ(^o^)

 

 

 

 

そんな意気込みで待ち望んだ土曜日の夕方。

 

今のところICBMの発射は無いが、私のトマホークは今にも

 

飛びそうだ。ニヤニヤ。

 

さて、先日3138 富士山マガジンサービスをヤリ手ミクス二本目の矢

 

として放ったが、見事に安値に突っ込んでしょぼんとしている。

 

 

 

 

機関が!機関が俺を監視している!!(やや病気)

 

 

 

そんなわけで、多少株価が下がっても

 

「自分の人気が上がって売り浴びせられてる」

 

と思えば、逆にニヤニヤしてしまうアンポンタンなのである。

 

 

さて、本題に入ろう。

 

前回、富士山マガジンサービスを購入した理由を書いたが、一部読者で納得の

 

いかない人がいるらしい。

 

そこで、本当は言いたくなかったが、数少ない女性読者のために

 

一皮むいて(どこを?)、本当の理由について説明したいと思う。

 

富士山マガジンサービスの、こんなところがスキスキスースキスー(^o^)

 

 

1 小さな事からコツコツと!の西川きよしさんモデルのビジネス

2 客の金でやりくりする、やりくり上手の主婦型ビジネス

3 どっちつかずのアイウォンチューにも対応出来る、二刀流ビジネス

4 実は社長が本当に欲しいものはアレ

5 書店が減ると、富士山マガジンがアレになる

6 いとこに顔が似ているメリット

 

以上、6本立てを二回に分けてお届けしようと思う。

 

 

1 小さな事からコツコツと!の西川きよしさんモデルのビジネス

 

ビジネスには、フロー型、ストック型の二種類があるが、富士山マガジンサービス

 

の場合は、後者である。ただ、富士山マガジンサービスの場合は継続率7割の

 

会員が支えていて、完全なストックとは呼びづらい部分はあるが、会員数が増え

 

いくと全体の有料会員も増えていく安定型のビジネスである事は間違いない。

 

そして、一件一件の雑誌の単価は安いが、まさに小さなお客さんをたくさん抱えて

 

全体の安定化を図るビジネスなので、大口が脱落する事によって不安定化しない

 

という、良い一面も持つ。この、爆発性は無いが、地味にコツコツと顧客が拡大し

 

いくビジネスモデルが私は好きなのである。

 

 

 

2 旦那の金でやりくりする、やりくり上手の主婦型ビジネス

 

 

この富士山マガジンサービスのビジネスモデルを、

 

一般家庭に置き換えてみると分かりやすい。

 

 

専業主婦=富士山マガジンサービス

旦那さん=個人客

支払先=取引先企業

 

 

と仮定してみる。

 

まず、専業主婦は、旦那さんから

 

「ありがたや〜ありがたや〜、旦那様はありがたや〜〜」

 

と旦那さんを敬いながら(表向き)旦那さんからお金(雑誌代)を貰う。

 

そこから支払先(取引先企業)にお金を支払う。そのあがりこそが富士山マガジン

 

サービスの利益であり、専業主婦でいうへそくり分になるのである。

 

つまり、需要先からお金を受け取って仲介する形で、取引先企業に支払えば

 

いいのである。実はこれ、非常に美味しいビジネスモデルなのだ。

 

なぜならビジネスでは基本的に、仕入れや商品開発を自社でした上でそれを

 

販売して利益を確定するのが普通だが、この場合だと仕入れも不要だし、

 

先に入ってきたお金を支払先に流せば良いだけなので資金繰りも楽だ。

 

そしてその流したお金の余った部分で、システム開発やその他人件費等の支払

 

をすれば良いので、経営者目線で考えると、非常に計画を立てやすい

 

そして、ゆっくり積み上げていくのでフロー型ビジネスみたいに、今月は絶好調

 

来月は絶不調という波が少ない。これも投資家にとっては安心材料なのである。

 

 

 

3 どっちつかずのアイウォンチューにも対応出来る、二刀流ビジネス

 

富士山マガジンサービスの取り扱っている種類は、紙媒体(現物)と電子書籍

 

のハイブリッド。つまり二刀流である(ウホ!)。

 

今、電子書籍の伸びは凄まじいが、未だに紙媒体の需要は一定数ある。

 

その理由としては

 

 

本棚にしまってすぐに出したい

所有感を味わいたい

スクラップで保存したい

紙のほうがぶっちゃけて見やすい

 

 

等、様々な理由があると思う。私個人としては、レコードが絶滅しなかったように

 

紙の媒体が無くなる事は無いと思っている。紙媒体の保存性の良さ、見やすさ

 

など、良い点を支持する一定層がいるのは確実である。このニッチな部分を

 

富士山マガジンサービスが取りにいければ・・・。あとは分かるね?ニヤニヤ。

 

 

 

 

後半に続く。

 

 

 

長文書いてお疲れ。

 

ご褒美のポチくだしあ!

 

 

↓↓↓

 

 

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • もし、バフェット氏が早死にだったら? 〜投資家の健康と複利〜
    ヤリ手ジジイ (11/22)
  • もし、バフェット氏が早死にだったら? 〜投資家の健康と複利〜
    maa (11/22)
  • じゃあ、アルファクスのコンセンサスはどうなのよ?
    ヤリ手ジジイ (11/06)
  • じゃあ、アルファクスのコンセンサスはどうなのよ?
    maa (11/06)
  • アルファクスフードシステムが気になって気になって仕方なくなる記事
    maa (09/29)
  • アルファクスフードシステムが気になって気になって仕方なくなる記事
    ヤリ手ジジイ (09/28)
  • アルファクスフードシステムが気になって気になって仕方なくなる記事
    maa (09/27)
  • アルファクスフードシステムが気になって気になって仕方なくなる記事
    ヤリ手ジジイ (09/26)
  • アルファクスフードシステムが気になって気になって仕方なくなる記事
    maa (09/26)
  • アルファクスフードシステムが気になって気になって仕方なくなる記事
    ヤリ手ジジイ (09/26)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM