投資家の服はダサい。

ここからは投資家の私生活について考えてみたいと思う。

 

一口に投資家といっても、億単位や兆単位で運用している人もいれば、

 

私のように、フリーター以下の生活をしている投資家もいる。

 

つまり、投資家というくくりの中でも貧富の差は激しい(涙目)。

 

ただ、私自身が「投資家」と定義しているのは、

 

 

 

 

 

投資だけで食えてる人

 

 

 

 

 

だ。これは各自様々な意見があるとは思うが、私はそう思っている。

 

だから、サラリーマン投資家とか聞くと、

 

 

「え、それってサラリーマンでしょ」

 

 

と、思ってしまう今日この頃。

 

 

さて、本題。

 

投資家も人間であるがゆえに、生活をしていかなければいけない。

 

その私生活に興味がある方もいるだろうし、無い方もいるだろうし、

 

「興味無い!」って格好つけて実は知りたい人もいるだろうし、

 

 

 

 

 

どうですか、お客さん!

 

 

 

 

 

という事で、一方的に語ってみたいと思う。ニヤニヤ。

 

今日は衣食住の「衣」について語ってみたいと思う。

 

私は、不動産投資家、株式投資家色んな方にお会いしているが、

 

着ている衣服について、ある共通点を見つけた。

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ例外なく私服がダサい

 

 

 

 

 

 

 

という衝撃的事実だ。

 

これは私が格好良い服を着ているとかそういう話ではなくて、

 

お会いする投資家の方々の基本的な傾向として、私服がダサいのだ。

 

厳密に言えば洋服のセンスが云々と言うよりも、あまり私服にこだわりが

 

無い方が多いのかもしれない。

 

ここだけ切り取ってしまうと、ヤリ手ジジイが大物投資家をdisってる!

 

みたいな流れになりがちだが、それは一時的思考というもの。

 

ハワードマークスさんも「おこ!」となってしまうと思う。

 

では、次回からこの「投資家は私服がダサい説」を検証してみよう。

 

つづく

 

 

 

人気ブログランキングへ


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM