ヤリ手総研の緊急レポート

本日、日経先物が21,020円で推移している。昨日の寝る前の中学一年生のアレ

 

みたいな上げを一気に打ち消す形になった。

 

 

まずは昨日のアレ

 

 

 

 

 

そして今朝のアレ

 

 

 

直近の急落の名前も、アマゾンショックで決まりそうだし、アメリカの株価を引っ張っていた

 

FAANGの主力であるアマゾンの成長性に疑問符が突きつけられた今、日本・アメリカ共に

 

新興株への期待が大きく剥落したのは間違いない。

 

まあ、アマゾンに関して言えば、今まで許容されていた3桁PERが正気になった投資家の

 

手によって、本来の姿へと変えられているだけだとは思うが。

 

 

さて、肝心な日本株のほうへ目を向けてみよう。

 

先物が高値を付けて前日安値を下回って戻るという事は、それだけ戻り売りに押されて

 

弱いという事だ。この状況が変わるには、投げが一巡するか外部環境が変化するしかない。

 

ただ、今回の世界的株安の発端となった米中貿易摩擦の件で、アメリカは中国を潰す

 

ための戦略を取っているため、中途半端に手打ちになる可能性は極めて低い。

 

要は先行きが暗いという事だ。

 

 

では、何かポジティブな点はないだろうか?と考えてみた。

 

1 為替が112円で安定している

2 ここから株価が下げると、日経のPERが11倍台へ

 

本来戻り売りに押されると為替も円高に振れるのだが、むしろ昨日よりはやや円安傾向

 

である。為替が円安傾向を維持すれば、外需産業の業績を下支えする形になる。

 

また、PERも割安水準となり、高配当株を中心に買いが入りやすくなる事も考えられる。

 

ただし、

 

 

 

 

景気が悪化したら、PERとか関係なくなるけどね!デュフフ

 

 

 

日本は消費税増税というビッグイベントを控えていて、そもそもの経済見通しが暗い。

 

そこに貿易戦争とFANNGの失速が重なったら、当面は楽観視出来ない状況である事は

 

間違いない。ただ、このまま一直線に株価が下がるかというとそうではなく、下値を探り

 

ながらジリジリと下落するのでは無いかとYJJは考えている。

 

昨日までは株価反発に自信があったのだが、先物の戻り売りを見てからはちょっと

 

考えてしまった。

 

「損切りしたい・早めに利益確定したい」という心情は、チャートに残るので。

 

諸々の状況を踏まえて今後の対策としては

 

 

 

 

 

 

圧倒的様子見

 

 

 

 

する事に決定。

 

特に新興株は、去年の新人イキり相場を見てきただけに、長い旅路に出る事は

 

間違いない。

 

慌てず騒がず、良い株をしっかりと見極めていきたいと思う。

 

 

 

 

必死に書いたから、ポチよろ!

 

 

 

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ


| 1/18PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM